消費者金融の審査で調査されるものとは?

消費者金融でお金を借りる際に必ず行われているのが審査です。
お金を借りたい人にとっては、一種のテストのようなものです。
合否判定が出るわけですから、当然基準があります。
ここではその基準について説明します。
審査では、収入の有無はもちろんのこと勤めている会社での勤続年数なども見られています。
しかし、それ以上に消費者金融側が重視している項目が三つあります。
一つ目は、総量規制に引っ掛かっているかどうかです。
総量規制はお金の借り過ぎを防止するための取り決めで、借入可能金額が年収の3分の1と決められています。
二つ目は、さかのぼって3ヶ月の間に、他の金融機関での審査に落ちていないかどうかです。
情報技術が発達した現代では、お金を借りた人の記録は様々な金融機関で共有化されているので、調べられます。
3つ目は、同じく過去3カ月以内に支払いの遅延や滞納があるかどうかです。
二つ目、三つ目は、十分な収入の有無の確認というよりは、きちんとお金を返せるかどうかを見られていると考えて下さい。
これら三つの項目を満足していれば、融資を受けられる確率は上がります。
借金総量規制対象外