住宅ローンシミュレーションでは金利変動による変化もチェック

低金利の時代、あるいは金利が下がる傾向がある場合は変動型金利での住宅ローンが有利です。
しかし、金利は一定ではなく、将来上がることも予測されます。
また、短期間に上下に変動するものでもなく、しばらくの期間で金利が固定される場合もあります。
その点では固定型にメリットがありますが、金利の上昇に備える意味でも利点があるのが上限金利設定型です。
金利変動タイプではあり、年2回の割合で適用利率が見直されるのですが、上限金利が定められているため、それ以上は上がらない仕組みになっています。
この点では変動型よりも安心です。
民間の金融機関で取り扱っており、5年間と10年間の設定で用意されています。
当初は変動金利型の方が金利は低いのですが、金利が上昇する中では上限金利設定型は利息の支払いが減る傾向にあります。
住宅ローンシミュレーションでは5年・10年を目安に金利と利息の支払いを予測すると、金利変動のリスクもみえてくるものです。
金利の変動をいかに抑えるかの点で上限金利設定での住宅ローンはメリットがあります。